映画

Posted by 1371野月 on 13.2015 0 trackback

先日、
認知症、アルツハイマーの患者へ
iPodを使い音楽療法を行った
ドキュメンタリー映画
「パーソナル・ソング」を堪能。

そして
どなたが解放したか知らないが
クレジットタイトルあたりで
古の人歌が聴こえてきた
歌になってることを知る由もなかったか?

別の方向から
聴こえてきたその歌は
「その王は言った
富を見せびらかし
欲しいままにくれてやる
王の為に祈れと

私は答えた
いいえ、そんなものは欲しくない
ただ、還れる故郷がほしいだけ
そう言ったら殺された」

・・・・|(;-_-)|||・・・物騒な・・・
プラネットホームできてる
好きにすればいいと
ぽそっと呟いたら
残像音源がしゅっと消えて行った
アニメみたい

音楽天使に宇宙系存在
ヒューマンバージョン軍師等
ご来場あそばされ効果っていうのかもしれない



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-









そして、
ちょっぴり映画にも出てきた
受精後22日目
けしの実ほどの心臓が
突然動き出すシーン

個人的には
ますます
22 heart beatの神秘
人間の構造の美しさ
構成の緻密さに
うっとり
魅惑的なプログラミング。
心拍数120~160というあたりも素敵。


映画見た後、友とガッツリ食事

「そおいや、あのジャイアン リサイタルの人どうしてる?」

『Uは祝砲と共に落ち着いたよ
相変わらず地球に近いと変な歌を壮大に歌ってる
そういうと、
♪おーれーはー♪とか始まっちゃうんだけどね・・・(ー_ー)』

けど、今日のUは珍しく静かな曲を示してきた(リクエスト)
地球の歌が聴いてみたくなったのか?
ほんとに珍しい。


Susan Osborn (編訳・仰げば尊し・:Graduation)

Suspended on the edge of time
Remembering who we are
Our blue green planet spins and turns
Around a burning star
Across the silent galaxies
The universe unfolds
This great ship sails the seas of space
Toward the vast unknown

Companion travelers all we are
Whether stranger foe or friend
Evolving through these births and deaths
A spiral without end
Sharing joy and sorrow
Our laughter and our fears
We're learning in this school of life
Together through the years

The universe within our hearts
Embraces all that live
True rest we find and peace of mind
Are all we have to give
Our place is here our time is now
Sunrise to sunset
The beauty of these days we share
I never will forget






Category : 未分類

trackbackURL:http://hikarinomegami.blog49.fc2.com/tb.php/835-c7741cca

文字を大きく・小さく

    ボイドタイム

    Loading...

    ▲ top