久々の更新

Posted by 1371野月 on 09.2015 0 comments 0 trackback
3月末の夢

着物に白割烹着@デバイス
上品なプレデター母さん

ちゃぶ台挟んで向かい合い
緑茶を飲みながらプレママンがしみじみ
「これが藍色ちゃんにはいいのよね」

別方向からは
「恐れは砂糖菓子の城のようなもの
すぐ溶ける
それを紅茶に入れてもいいし
フランベしてもいい
身の内に入れば栄養源」

また別方から
聴こえてきたのが
音楽、歌詞つきのなにか


そして目が覚める。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(夢訳)

インディゴさんたちへ
緑、黄緑色、金緑色の混合
若しくは単色で視えて感じるそれは
あなた方の決めた「その時」の一つ。
光源を即座に思い出せない時
謎解きに拘りすぎるあまり
自分を混乱に誘うと
振り子幅が大きくなります

その時
怖いと恐いが同時に出てくることがありますが
混合タイプであれ単独タイプであれ
案じるほどのことはありません

反応暴走が無いよう回路が切り替わります
経理システムによく似ています。

今回の再変換ででてくる
怖れ、恐れの背後には
森羅万象、大いなるものすべてがあり
それに対して「畏怖、かしこし、誉」
そこに気が付けば
自動的に再配線され
適切な回路に直結し安定するでしょう
新しいお誕生日おめでとうございます





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鋭敏なインディゴ
本人達にしてみれば
真空パックの中にいて
いつでも新鮮、安全のはずが
いきなりパックが裂けて
放り出されたように体感し混乱、
真空パックの中から飛び出てたスポンジが喚く
誰だ―!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻ (←お前だ!忘れんぼさん)

タイマーかけてることを忘れ
自分が光源に触れると触媒効果で放射状に光りつつ
大きくなって殻を破るセッティングをしたことも忘れ
新しいシステムを創っていくのだという事も忘れておる

・・・|(;-_-)|||・・・・かんべんして・・・と思ったのは言うまでもない。







Category : 未分類


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hikarinomegami.blog49.fc2.com/tb.php/848-7e797c81

文字を大きく・小さく

    ボイドタイム

    Loading...

    ▲ top