ゆめ

Posted by 1371野月 on 21.2015 0 comments 0 trackback
6月15日の夢

鎌倉にいた。
落ち武者の集団墓地前
道路挟んだ斜向かいに
草が生えており
その後ろに私は立っている

・・・・なんでここに?
よりによって?(←知ってる人は笑っとけ)
そんなことを考えている最中に
明るいお祭りみたいな音量で
「よいせっ」
「よいさっ」という声が聴こえ
墓石をマンホールを押し上げるようにして
落ち武者がでてきた
3人いるよ

Σ(; ̄◇ ̄) !!!?
そのお墓どーいう構造?
武士力持ち?
あれ?恐くない・・・あれえ?

武士の一人がこっちを見て
すたすた歩いてくる、
近づいてくるにつれ
みるみる身ぎれいになった

そして、私の後ろの人と
矢継ぎ早になにか話している
話し終わったあたりで
後ろの人がぐいぐい押してきて
「それをお渡しするように」というので
たまたま持っていた矢などを渡す

そして武士たちは
西に帰ると笑顔だった
地元に戻り
もうひと尽くしして
あの世にまた戻ると
どうやらそのようなことらしい。
忙しーんだねなどと思いつつ
後姿を見送る


「日本、桐箪笥」
と聴こえた

ああ、なるほど(笑)
















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三輪神社の水晶

扇の秘策

鹿の剣

魔除けの狼

狛犬6

などなど各界お忙しい様子

ダイブ先では
「ろっぴちず」
「はっけ明神の再興」
「神仏は馬鹿じゃない」(神仏界の最適化@レゾナンスtwin相関)
というタイトルの資料をさらーっと読む

うん、
人間には人間の身丈に備わるものがよろしいなと
そんなことを思う。






Category : 未分類


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hikarinomegami.blog49.fc2.com/tb.php/863-a57afdab

文字を大きく・小さく

    ボイドタイム

    Loading...

    ▲ top