Posted by 1371野月 on 01.2016 0 comments 0 trackback
ゆめ

記す必要があるなら
現実でも絶対わかるようにしてほしいと
それなら翌日の22時までには
記しておけるよう
時間を作り出してみると
ゆめのお爺さん達に伝えてみたら、
昨日、コーヒーショップに行ったとき
そこにたまたまいた人達と会話が
あるキーワードに合致してた。
ちょびっと引きつりつつ笑うしかない。

ゆめ

気が付いたら
川の近くの
お爺さん達がいる場所に立っていた。
そこには見覚えのある桜が咲いていて
1人座っているお爺さんに
席につくように促され、着席。
何気なく、「桜ですか、季節戻ってません?」
そう尋ねると『そう、戻ってる』と。
お爺さんの背中の後ろで
ちょっとした光景が展開されており・・これは割愛。
「見せたくなくても視えちゃう子やからなー」と言われる。
次いで
お爺さんのところに重箱を持ってきた人がいて、
『ちょっと見てごらん』と
お重が開かれると
重箱の四隅には
濃いめのアスファルトブロック色をした正六面体が設置されており
他のスペースには、
アスファルトが長年経過したような色の
ゼラチンゼリーの様なぷるぷるした質感の何かが入っている。
( ꒪⌓꒪)?「これは何ですか?」と尋ねると
『これは地図だよ、みすみじゃなくて、よすみがミソなんや』と。
話しはこれで終わりの様だったのでお暇する。
 
ということで
約束は守りました。

            以上。




Category : 未分類


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hikarinomegami.blog49.fc2.com/tb.php/915-e4022c4a

文字を大きく・小さく

    ボイドタイム

    Loading...

    ▲ top